サロンメンバー月報報告

「4月」れおんさん月報

【3月の数字】

・総売上 1,319,066

・技術売上 1,234,996

・物販売上 84,070

・総客数 89人

・新規客数 54人

・物販購入客数 16人

・次回予約客数54人

・次回予約率 61%

・新規次回予約数 30人

・新規次回予約率 56%

・客単価 12,352

・稼働日数 22日

【4月の数字】

・総売上 1,186,853

・技術売上 1,123,503

・物販売上 63,350

・総客数 86人

・新規客数 24人

・物販購入客数 13人

・次回予約客数 60人

・次回予約率 69%

・新規次回予約数 15人

・新規次回予約率 63%

・客単価 12,702

・稼働日数 21日

一 一 一 一 一 一 一

「今月はどうでしたか?」

今月は、新規集客ができていなかったこと、

店販も動いていなかったと感じました。

一 一 一 一 一 一 一

ここは「なぜ?」ですか?

一 一 一 一 一 一 一

また、次回予約を今までとって頂いてた方が

取らなくなった理由までを聞き出すことが

できていなかったと感じました。

一 一 一 一 一 一 一

お客様それぞれに事情があるかと思いますので、お話をお聞きして改善できるのか?できないのか?を精査する必要がありますね。

一 一 一 一 一 一 一

「現状の課題」

次回予約の必要性を伝えること、

必要性を、感じなくなった理由の深堀

お客様のお悩み、優先を聞き出すこと

「課題解決の為の取り組み」

何故次回予約をとらなくなったのか、を

深堀し、以前にも教えて頂いたように

お客様のライフスタイルやイベント

環境、などの問いかけを増やしていき

聞き出すこと。

一 一 一 一 一 一 一

いいと思います。

そもそもライフスタイルに関係なく、メニューによる必要性を感じなかったという事もありますので、カウンセリングの時点でしっかりとお伝えしていき、納得できる伝え方が大切にもなります。

成功体験、失敗をしてきていると思いますので、その中で「どのようなパターンのお客様なのか?」を感じながら実践をしていきましょう。

ここを意識すると、再現性が高いと思います。

一 一 一 一 一 一 一

「質問があればお伝えください」

お客様が次回予約をとっていたのに

とらなくなった理由としてここは絶対に

聞いておきたいポイントなどはありますでしょうか?

一 一 一 一 一 一 一

ポイントでもないかもしれませんが「なぜ?」と疑問に感じてしまうので、素直に聞く姿勢です。

その中で、もっとこうすれば改善できる事があるのではないか?と、お客様から勉強させて頂き次に繋げていきます。

取らなくなるということは「必要性を感じなくなった」とか「サービスに共感ができない」とかになるかと思います。

サービスに納得して頂き、お客様自身が「必要」だと思って頂けるようにしていくことだと思います。

その為に、カウンセリングの強化だと思っております。

ABOUT ME
MATSUSHIMA TOMOHITO
【過去の自分】暗黒店長時代 ・休みが全くなく、あっても疲弊して寝ることが多い ・レッスン、ミーティング参加によって夜遅くまで拘束 ・無駄に幹部との食事に時間を使い消耗 ・店長なのにそこまでの稼ぎもなく貯金もできなくお金のストレスを積み上げる 【過去の自分】暗黒家族時代 ・家族の時間が取れない ・思い出が少なすぎる ・育児に参加できない ・奥さんの負担が増える ・奥さんとの会話もない ・奥さんのフォローができない ・家族や奥さんに何が起きているのかわからない ・父親としての存在価値は?と考える ・お金だけ運んでくる人間送金ロボット? 『結果的に、そうやって時間を使ってきて何が残ったの?』 スタッフは誰もいなくなった お金もない、時間もない 『やってられない、もういやだ』とどん底になり心底疲れた』 でも、そんな僕でも残ったことがある 【家族とお客様】 だからこそ、僕に残された道は『家族の幸せ』と『お客様をキレイにして笑顔になってもらうこと』そして、今から僕みたいな過去にならないように色んな方に伝えていく